学校で学んだこと、覚えていること

p.151 「学校で学べること」

萩元 それでねきのうも少し話が出ましたけれどね、今の子供たちは、幼稚園とかその塾のころからね、自分といっしょに勉強しているのはね、競争相手だとか敵だとか思うような、そういう意識が潜在的にあるらしい。

広中 はあ。

萩元 こりゃたいへんなことじゃないかという気がするんだ。ぼくは、子どもがいないからあんまりわかんないんだけどね。そういう話を聞くとね、ちょっと恐れ入る。昔は、同級生なんかは、友達なんだ。友達とは仲良くしましょう。

小澤 そうそう、そうそう。

萩元 それがあったけど、最近はいっしょに勉強している奴が、一人体が悪くなって休んだりすると、それは得なんだという、極端に言えばそういう考え方が出てきているみたい。

広中 たとえば、相手の気持ちを察する能力というのも、生きてゆく上で非常に大切だと思うんだ。相手が口に出さなくても、相手の立場に立って、ひょっとしたらこう考えているかも知れないっていうようなね。そういう感受性の力、デリカシーみたいなもの、そういうことっていうのは、僕はものすごく大切だと思うんだ。そういうことを、いつ学んだかというと、ぼくはやっぱりほかの子供たちと遊んでいる時だったと思うんだ。親兄弟からも学んでいるわけだけど。

 

自分が小学校高学年(5ー6年)の時は、

いかに鬼ごっこで逃げきるかと(罰ゲームが恐ろしかった)

野球(巨人戦のすべてをテレビ、ラジオ、新聞でカバー)がもっぱらの関心事で

何か友達付き合いも野球も難しいなぁと思って

やりづらくなったころに

中学に上がるタイミングになり、

一部(1割くらい)は別の中学へ、

そして、他の2校とうちの小学校で融合した中学になり

まったく異なる刺激の数々と混沌に揉まれることになる。

(学ランも部活も周りの恋愛模様も)

小4まで一番だった身長も止まり始める。。。

目も悪くなり、野球が苦しくなる。。。

中間とか期末とか宿題もいろいろ。。。

 

そこで学んだことは、

友達関係とか友情はもろいこともあるし

中心のリーダー格が逆に干さることもあったり

何か付き合いづらくなったり、

急に仲良くなったりと

世の中難しいわからないことだらけだということ。

中学くらいって「自分の暗黒時代」というけど、

みんな多かれ少なかれこのことに同意すると思う。

 

いろいろその3年間であるけれど、

(ほとんど高校でバラバラになり、確か7、8人だけが同じ高校へ)

なんだかんだ言って、

同じ共同体(小中)を過ごしたというのは、

今となってみれば、

かけがえのない支えであり、

成人式や地元などでばったり会えば、

お互い嬉しい顔になる。

 

思い返してみると

しょうもないバカなことや恥ずかしい失敗の数々を

みんなが結局共有しているからこそ

逆に安心できる存在なのかもしれない。

 

 

p.226 「親と子の愛情」

広中 子どもは生まれた時から自己成長の機能を備えていて、本能的にあるものを取り入れて成長して、自然に独立しちゃうわけよ。小さい時には手がかかるというけど、実は、手をかけるという喜びとか、勝手に親が考え出した義務感を満たすためにとか、そのために子どもを利用しているわけさ。たとえば、子供に愛情を与えるというけど、子どもは、愛情なしでも生物としては成長できるわけだ。実は、親が愛情を与える喜びを受け取っているわけだ。愛情を与えて、子どもがいい子に育って行くのを喜んでいるのは親だからね。

小澤 そうそう

広中 向こうはさ、ベイビーだからさ、愛情を与えてもらってるのかどうか、知ったことじゃない。。。。(笑)してくれと、言ってるわけじゃない。愛情なら、愛情がそこにあるから、勝手に取って自然の成り行きで勝手に成長しているわけだ。植物が成長するようなもので、親は水をかけたり、肥やしをやってりして、ああ良い形に成長した、花も咲いた、と眺めて喜んでいるわけだ。

小澤 うん、そうだ。

広中 で、親なんか、いてもいなくてもいってような。。。 子どもは自然の生命力で、自分では無意識のうちに育っているかわだから、親があんなにまでしてやったと思うほど、親を評価しないわけだ。子供の時にはね。子供がおとなになって、ついでに親になった時に、初めて評価する。

小澤 そりゃそうだ。

 

小澤征爾さんといえば、

日本を代表する指揮者で

想像するだけで、笑顔のまぶしい方である。

その小澤さんのこの相槌の入れ方が非常に軽快で

本からでも、彼の笑顔、同感しながら話を聴いている表情が目に浮かんでくる。

 

広中平祐先生(先生とつい呼んでしまう)は、

高校時代に自分のことを何度も救ってくれた数学の野口先生から

いかに広中先生が尊敬するに値する方がずっと聞いていたので

その名前を聞くだけで、

ははっーとひれ伏してしまう。

(パブロフの犬みたいに、刷り込まれている)

 

この会話の収録は1976年。

自分が生まれる前のもので、

著者の方たちは自分の親かそれ以上の世代である。

にもかかわらす、この本を読むと

今の時代にもピタッと来るものばかりで、

何かを達成、達観した人たちには

時代に関わらず、共通する経験や考え方があるわけで、

「孫子の兵法」など昔からの書籍は、

今でも学ぶことがたくさんあるのだと思う。

 

 

p.59「ぼくは鈍感だから」

広中 ああ、ある程度なんていうか、素質もあるんじゃないかな、生まれついた性格とかね。ぼくなんかどちらかというと、生まれつき鈍感だからさ、それほど他人のことはあまり知らないわけだ。知らなくてもあまり気にならないから、のんびりできるっていう、そういう性格があるわけよね。だけど、ある人たちは、生まれつきかどうかわかんないけどさ、とにかくまあ見てると非常に神経過敏だよね、他人の成功に対してね。だからまあどこそこで、なにがあったっていったら、もうすぐワァワァ言うしさ。どこそこの国で、なんとかいう新しい理論ができてというと、それをもう知らないでいると不安でしょうがない。またある人はこの鈍感なぼくが見ても感心するくらい鈍感でさ、なにかしらんけど、自分一人で一生懸命こつこつとやっている。同じ問題をほかの人がやっているかどうかも知らない。だからほかの人にだしぬかれることも少なくない。だけどそういう人のつくる良い仕事は本当に良いね。流行に乗ってかっこう良くやっている人の仕事にない、独特のよさがあるね。

小澤 鈍才肌なんだ。

 

p.150「子どもへ伝えるもの」

広中 学校の先生からも相当影響される。だいたい学校の授業で習ったようなことはほとんど忘れちゃったけどさ、先生の性格とか、態度とか、出来事に対する反応の仕方とかね。

やわらかな心をもつ

『やわらかな心をもつ ぼくたちふたりの運根』

(小澤征爾 広中平祐)

は、間違いなく名著である。

多くの人に読んでもらいたい。

 

この本は大切な友人が引っ越すときに、

良い本だと残してくれたもの。 

友人というか、ポスドクとしての先輩であり

うちら夫婦にとってお兄さんような存在の方で

とても優しくしてもらった。

 

さて、この本の最後を見ると、

初版は

昭和59年10月25日

17刷の平成15年のものを頂いたようである。

 

5回は読んでいるが、毎回面白く学ぶことがでてきて

今の研究生活にもまたモチーベーションを上げられる。

 

メモしているところが多すぎで、どうアップすればよいものか。。。

 

 p.40 「集中力」

小澤 集中力ってのはやっぱり努力だと思うんだよ。

広中 あ、そう。それはちょっと面白いね。

...(途中、面白いが略)

小澤 男一匹、これで食わなきゃいけないなんて悲愴感があったわけよ。その悲愴感と、ラグビーのときの気持とが、こういっしょになって、集中しなきゃだめだとか、これやんなきゃだめだっていう、せっぱつまったものはあったと思う。

広中 うん。そういう環境というか経験によるなにかはあるね。僕も家庭教師やっててね、大学へ行ってたころ。ぜんぜん仕送りなかったからね。で、家庭教師やっておそく帰る時にね、もう、暗くなって、こん畜生!いま勉強してやらなきゃ、と思ってね。これだけ時間ロスしたからさ。

小澤 おお、たとえばぼくもね、あなたに似ているんだけど、家にピアノがないわけよ。そうすると、ピアノ弾かなきゃ音楽の勉強できないから、成城学園の音楽教室は、山みたいなところにあったんだけど、成城は田舎みたいなところだからね。そこへ夜行くわけ。

...

だから、いまでもピアノがあるってことは、とても嬉しいわけね。

広中 わかるよ。

 

 p.41 「叩き込む教育が必要だ」

 

 p.54 「ジェラシーを殺す」

 

 p.56 「自分のペースでやる」

広中 競争心っていうのかな。一人の人間の、成長する過程でさ、ある時期は非常にひとりだちでいかなければならない時があるわけ。要するに誰それと、どう比べてどうのこうのいうのでなく、自分のペースでやるっていうことが非常に大切で、それに実際楽しいわけよね。そうしないとさ、表面的に出たものだけで、比較するでしょう。たとえば一つの数学の理論を作っている場合にしてもね、ある種の理論っていうのはある時にポッと伸びて行ってさ、それから行きづまってね。そのころにまたほかの人の理論がそれまでなんかぐずぐずしてたのがパッと伸びてくるとかね。こういろいろ伸び方の違いがあるわけでしょ。だからある理論がパッと出て注目されると、すぐそこにくっついていく人はさ、いつまでたっても他人の後を追っていることになるわけよ。

小澤 小人で芽が出ない。

広中 かえってね、頭が良くて、なんでもとびついていける人はね、小賢しい仕事はどんどんできるわけだけどさ、ほんとうの独自のもの、自分だけのものっていうのが出てこないよね。ほかの人と比較して誰がそうしたから自分もどうのこうのというような態度というものは、ともすれば小賢しい方へ行っちゃうわけだ。結局自分だけのもの、ほかの誰もにもないっていうものをつくれない。ともかく自分のペースで進んで行ってね、そこになんとか自分独自のものを築いて行く方が、結局長い目で見ると得なんだけどね。

小澤 それはぼくもわかっているつもりだし、わかってる人はいっぱいいると思うんだけどさ、その小賢しいっていうのが普通の人間の本来なんじゃないかね。それがぼくは当たり前だと思うんだよ。それに嫉妬心も入ってくるし。

広中 うんうん

サイコパス

『サイコパス』(中野信子)

 

を羽田空港の書店で手にしたときは、

某有名人たちを「サイコパス」と仮定して

話を展開するのがメインかと思っていたが、

そればかりでなく、

思っていたよりも勉強ができて参考になった。

 

これまでスタンフォードやコロンビアの自分の周りの研究者に

「サイコパス」を論じたり、研究する人たちがいなかったため

日本でよく使う用語、トピックなのかと思いきや

そうではなかったことも知らされる。

 

その理由は、

1)犯罪学や、社会学、心理学がベースとなっていることと

2)自分たちが主に使うような

molecular biology、cell biology、genetics、mouse modeling

といった手法を使って実験を組み仮説を検証できないためのようである。

 

ということで自分の周りでは、

自閉症や双極性障害、統合失調症、てんかんといった研究が主だったので、

「サイコパス」を耳にすることがなかったということ。。。

 

この本を読むにあたって面白いのは、

「自分はサイコパスである」

という仮説を立てて読み込むこと。

否か是か。。。

最終的には、「否」という結論に達した一方、

家族がその抑制因子として機能していることからも

家族には改めてとても感謝することとなった。

いやでも、嫁さんが横にいたら、

「十分、サイコパス!」と

仮説をサポートする証拠を挙げ始めるかもしれないけど。。。

 

<運動>

日曜日 ラン40分(from lab to home、ハドソン川沿いに降りて少し遠回り)

 

日本滞在

16日夜から22日朝まで日本滞在。

現在は羽田。

 

色々と新たに書籍も各種購入できたので満足。

昨日から『サイコパス』(中野信子)

 

今回は時差ボケがひどく

なかなか身体がいうことを聞かなかったが、

会議やセミナートーク、運動も予定どおりにできて安心。

 

<運動>

毎日30−40分朝(朝ごはん前に)走ることを日課にできた。

 

17日(土)実家の近くを40分ラン

18日(日)同じコースを30分ラン

19日(月)前日の会議のため宿泊した和光市の和光樹林公園で40分ラン

20日(火)静岡市滞在で安倍川を見に40分ラン

21日(水)大雨のなか静岡市の八幡山公園を40分ラン

22日(木)羽田空港の周りをゆっくり30分ラン

 

NBA

今年のNBAファイナルは全く見ることはなく、

状況は成からいろいろと聴くのみ。

2年生なので色々知ってんだね。

鳥の見分け方から名前や様々な動物の特徴も英語で習う。

「お父ちゃんも結構色々知ってる」とアピールするには

英語ではボキャブラリーが乏しい。

ということで、うんうんと聴きながら感心。

 

通勤では、

2回目の『黒笑小説』(東野圭吾)なのに

面白くてあっという間に168th street駅に着く。

以前、面白い読み物のせいで、

いつもの駅で降りるのを忘れてしまったこともあるので要注意。

 

<運動>

土曜日、自転車50分(成のサッカーの送迎)

月曜日、ラン50分(from lab to 88th Street: 凛奈の友達の家まで迎え)

脚力

昨日、今日と走って家に帰る後半、

勝手に脚に力が入りペースが上げられる。

だいたい125th street(20分後)くらいから。

寝不足が続いている一方、

気持ちは色々とラボのことも充実してるためなのか、

それとも、この1ヶ月くらい運動量が増えているからなのか。

 

成にこの間、

「RunとJogの違い』を尋ねてみたら、

想像以上に論理的かつ丁寧にその違いを教えてもらった。

かつ『お父ちゃんのは、いつもジョグでランになっていない』とダメだしされる。。。

賢い息子を持つと嬉しい反面、こっちが痛いことも増える。

(英語の発音も直してもらえるが)

 

5日のグラントのあとは、

2本の論文投稿など締め切りを自分たちで決めているものがあるので、

読書感想やまとめも後回し。

 

『采配』と『やわらかな心をもつ』も読んだので、

次は

『犬とハーモニカ』(江國香織)

『黒笑小説』(東野圭吾)

 

<運動>

ラン30分(from lab to home、後半ペースアップ)