空より高く

『空より高く』(重松清)

 

電車のなかで

ふふふと笑い

涙がでかけ、

うんうん、あるあると納得する。

重松作品ではベスト!と言える好きになるものだった。

フジモトさん・ピエロさんに、ジン先生、

そして、ドカ、ヤノジやムクちゃん、ピース軒。

自分にもこれまでそんな存在があったな、と思い返せる。

重松作品の大きな特徴は、

登場人物が作品後もずっと自分の中で息をしていて

たまにちょろちょろと顔を出すところだと思う。

「重松清さん、あなた天才ですよ!」と本人に言えれば、

『いやいやそんなことないよ』と言いながら

(そうかな、やっぱりって)照れているのが思い浮かばれる。

こういった作品たちは、

当の高校生や小・中学生、大学生たちにはピンと来ないのだろうし、

自分自身も30代最後この1、2年で重松作品の素晴らしさ・面白さに気がづいた。

今回は、本棚を見てみると、重松作品の15冊目のようだ。

全部読めるのだろうか?