使用料

京大HPに歌詞、JASRAC「使用料が発生」

京大HPに歌詞、JASRAC「使用料が発生」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

ちゃんとボブディラン本人や彼の著作/事務所関連に

京大から使用料が渡るということであれば、

あまりネガティブに今回の使用料を捉えない方がよいと思う。

 

素晴らしい歌詞などへの対価として、

もう少し好意的に考えて、

今後のJASRACの指摘する音楽著作権の使用料について議論してほしい。

この使用料が作詞家や作曲家、歌手たちを支える/育てる仕組みだと思えば、

ファンとして支払うのも躊躇しなくなるのではないか。

 

ただどのくらいの使用料が発生するものなのか明確ではないので

そこらへんが分かれば、

このブログでも歌詞を紹介して、

その使用料を支払ってみてみたい。

(もしかしたら、想像以上に高額なのかもしれない。。。)

 

同様の使用料が書籍(の一部)のウェブ上での参照でも発生するのなら、

その書籍のファンとして払っていくのも十分理解できることで、

これまで紹介している重松清、藤原てい、小川洋子といった作家の

ファンクラブ会員費くらいのつもりで使用料について捉えていきたい。

 

まぁ色々とケースによっては、簡単に使用料として処理できないこともあるので

学校(保育園/幼稚園から大学院)やnon-profit などへの

使用料の免除/割引などもしっかり考慮すべきなのかもしれない。

 

<運動>

ラン(30分、from lab to home)

ラスト5分はエネルギーが切れたようでガックと疲れた。