読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おちまい

成の自転車の走り方が良くなってきたので期待。 成のピアノの間は、 『采配』(落合博満)を一気に半分ほど読む。 これで読むのは、5回目だっただろうか。 毎回新たに気づくことがあるおすすめの本。 小学校のときにファミスタをしていたころ、 ロッテ(ゲ…

偶然を逃さない

偶然をモノにするには日々の準備が必要で、 どこでどう想定外にうまく転がり始めるかわからないのが 自分たちの仕事(研究)の面白いところで大事なポイント。 結構、年に1回くらい、 これは「あっ、ほんと運がよかった」と偶然に起きたことを うまく利用/…

使用料

京大HPに歌詞、JASRAC「使用料が発生」 京大HPに歌詞、JASRAC「使用料が発生」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) ちゃんとボブディラン本人や彼の著作/事務所関連に 京大から使用料が渡るということであれば、 あまりネガティブに今回…

4kg減

賢が産まれてから 睡眠不足、風邪、最近の運動のおかげか、 この1ヶ月で体重4kg減。 寝不足なのに体調はすこぶる良い。 あと4kgを今年7ヶ月かけて落とせられれば、 学部のころのスーツももう苦しくなく使えるだろう。 ただ帰宅で走ると、その分読書の時…

神谷の仕草

『火花』 p.21 「神谷さんは目に落ちかかる前髪を、時折指で払った」 この仕草から、「そやから、あんなぁ〜」とう神谷の言葉が聴こえてくる。 小説を書く人たちをとても尊敬している。 景色や仕草の描写から、 暗に登場人物たちの気持ちの変化や、 これから…

火花の景色

『火花』を読み終え、 今は 『ことり』(小川洋子) 『皇室の祭祀と生きて』内掌典57年の日々(高谷朝子) 『火花』の舞台としてよく出てくる 井の頭線、井の頭公園、吉祥寺は 高校が近く、小説のなかの景色が目に浮かぶ。 高3の夏には友達と井の頭公園の…

PhD graduation

今日は夕方PhD graduation ceremonyがあり初めて出席。 天気がとても心配だったが、何とか降らずに持ってくれた。 ざっと500名ほどの参加のようで、 自分の最初の学生さんも今年卒業。 あっと言う間の4年間だった。 最初の2年は毎日お互い家族よりも一…

雨の一日

やはり、全身筋肉痛。 成は全く肩に疲れがないようである。 あれだけずっと長い時間アメフットボールを投げ合っていたのに痛みがないとは。。 成のピアノのレッスンの間、20分『火花』を読んだ。 他の40分は、ラボのプロジェクトをノートにまとめて整理…

90歳まで

90歳まで現役研究者でやっていこう (もしくはあと50年以上研究ができる)と考えると 色々と今のことやこれからのことについての視点が変わって面白い。 身近に中西香爾先生がいらっしゃるので、 現実に可能だというイメージが湧く。 学内のシニアの教授…

火花

今は、下記の2冊。 『火花』(又吉直樹) 『皇室の祭祀と生きて』内掌典57年の日々(高谷朝子) 『娘に語るお父さんの歴史』(重松清)を踏まえて、 自分にとっての歴史とはなんだろうかと考えている。 子どもたち、成、凛奈、賢の3人に、 「お父ちゃん…

核家族

東芝って、東京芝浦の略だと知らなかった。 「核家族」というネーミング、 日本のオリジナルなのかと思いきや、 「nuclear family」で検索できるように 欧米でも使う言葉だと知った。 この10年近く「nuclear family」って 実際に耳にしたことがなかったの…

娘に語るお父さんの歴史

この1週間、ひどい風邪を引いたため、本もあまり読めなかったが、 『娘に語るお父さんの歴史』 (重松清) を一気にこの数日の通勤時間で読んでしまった。 3人目の子供が産まれたばかりの今の自分にはとてもしっくりくる内容で、 先日の『ぼくはこう生きて…

皇室の祭祀

次は 「皇室の祭祀と生きて」内掌典57年の日々 (高谷朝子) を読んでいて、日本語(主に敬語など)の勉強中

「共同体」「教え、教えられ」「村八分」

「共同体」 著者たちの議論では現代失われつつあるものと取り扱われている。 ただし、自分のことを振り返ってみると、 自分には様々な「共同体」がこれまであって、 これからも大事な存在になっていくものだと感じる。 小4から自宅浪人まで過ごした、中野区…

ルールとモチベーション

ルール: 1日15分以上使って書き込まない モチベーション: 何故2回以上読んでも新鮮に感じるのか、、 つまりは、頭に入っていないということだと思う 公に書いていることを念頭に、 今後のメモとして残したい。 今、読んでいるもの 『ぼくはこう生きて…

第3子誕生

本日2017年4月25日に第3子が誕生したことをきっかけに、 通勤時間に読んでいる本の感想や学んだことをまとめてみたい。